スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
こんにちは。
大寒を迎え、寒さも増してきましたね。

今月の教室での様子をお伝えします。

<基礎> 1/13(金)
29 1 基礎
丸ごぼう玄米ごはん / 長いものすり揚げすまし汁 / 葱味噌

「丸ごぼう玄米ごはん」
は、太めの輪切りにしたごぼうを玄米と一緒に炊きました。
初めにごぼうを炒めます。
ごぼうの皮をこそげないようにやさしく洗うのがポイントです。

「長いものすり揚げすまし汁」は、長いもをすりおろして素揚げし、すまし汁の具としました。
コクのあるすまし汁となりました。
だしは昆布:椎茸=7:3です。

「葱味噌」は、たっぷりのねぎを炒めて、豆味噌、麦味噌と合わせました。
玄米ご飯によく合います。
今月のお手当と兼ねています。

◆今月のお手当は、「葱味噌」を行ないました。
 鼻水、花粉症、動物性食品の解毒におすすめのお手当です。
29 1 手当て1
①ねぎを青い所、白い所、ひげ根に分けて1㎜の小口切りにします。

29 1 手当て2
②ねぎを順に炒め、味噌をのせてふたをして蒸し煮します。

29 1 手当て3
③混ぜ合わせ、水気を飛ばして完成です。


<応用> 1/20(金)
29 1 応用
玄米ご飯 / フィッシュボール風スープ /
きのこの酒粕チーズ巻き~バルサミコソース /
さつまいもの粒マスタード和え / 焼かないチョコレートケーキ

「玄米ご飯」
は、圧力鍋で普通に炊きました。
初めて参加した方がいらしゃったので、改めて説明しながら一緒に炊きました。

「フィッシュボール風スープ」は、玄米ご飯をつぶして作った団子を、魚のすり身の団子に見立てたスープです。
ピーラーで長く薄く切った大根、もやしをたっぷりと入れた塩味のスープです。
しょうがの風味がきいています。

「きのこの酒粕チーズ巻き~バルサミコソース」は、薄切り肉に見立てた揚げで、酒粕チーズ、えのき、いんげんを巻き、焼いたものです。
酒粕と豆乳でマクロ版スライスチーズを作りました。
しょうゆとバルサミコ酢を合わせたソースをからめて焼き、おしゃれな一品になりました。
「こんなにおいしかったら、お肉いらないですね
と大好評でした。

「さつまいもの粒マスタード和え」は、蒸し煮したさつまいもを豆腐マヨネーズ、粒マスタードを合わせたソースで和えました。
以前イタリアンレストランで食べたさつまいものサラダがおいしかったので、マクロにアレンジしてみました。
豆腐マヨネーズは手作りしたものを使いました。

「焼かないチョコレートケーキ」は、焼き麩を使い、ココア、レーズン、ココナツオイル、練りごまなどを混ぜて固めただけでブラウニー風のケーキになりました。
アーモンドがアクセントです。
簡単でおいしいので、バレンタインデーのプレゼントにもおすすめです。

今月は、バレンタインデーのチョコレート菓子から決め、メニューを考えました。
お役立ていただければうれしいです。

ゆき
スポンサーサイト
なちゅらるクッキング | コメント(0) | トラックバック(0)
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

「なちゅらるクッキング」は、おかげ様で、8年目に入りました。

なちゅらるクッキング1月メニュー

<基礎> 1月13日(金) 10:00~13:00  1,550円
・丸ごぼう玄米ご飯
・長いものすり揚げすまし汁
・葱味噌

お手当は「葱味噌」


<応用> 1月20日(金)  9:30~13:00  2,550円
・玄米ご飯
・フィッシュボール風スープ
・きのこの酒粕チーズ巻き~バルサミコ酢ソース
・さつまいもの粒マスタード和え
・焼かないチョコレートケーキ・・・バレンタインデーにおすすめです



*材料の仕入れ状況により、メニューが変更になる場合もあります。
*各回とも遅くても3日前(火曜日)までに、出欠連絡・申し込みをして下さい。
 (なるべく早めにお願いします。)
*時間通り始められるよう、開始15分前までにお越し下さい。
*新しいメンバーも募集中です。

ゆき



なちゅらるクッキング | コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。
すっかり冬らしくなりましたね。

今月の教室での様子をお伝えします。

<基礎> 12/9(金)
28 12 基礎
玄米細のり巻き / すまし汁 / 黒豆昆布

「玄米細のり巻き」
は、干ぴょう&椎茸と、蒸し煮にんじんを芯にして巻いた2種類です。
具が真ん中になるようにするのが難しかったのですが、みなさん悪戦苦闘しながらも楽しく巻くことができました。

「すまし汁」は、椀種を焼き麩とわかめ、吸い口を結びみつばとし、だしは昆布と椎茸で、塩としょうゆで調えたものです。
塩分0.9~1%になるようにすると、おいしいです。

「黒豆昆布」は、黒豆と昆布を一緒に、水、しょうゆ、塩で煮たものです。
圧力鍋を使うと、短時間で煮ることができ、また豆の甘みがギュッとつまった感じになって私は好きです。
もちろん時間をかけて土鍋で煮てもおいしいです。
お正月の黒豆煮として召し上がれます。

今月のお手当は「黒豆昆布」です。
 上記のお料理と兼ねています。
28 12 手当て
膀胱炎の特効薬、婦人科系の諸症状によいとされています。

少量ずつ常食すると、血液の酸化が改善され、婦人科系の病気や現代病になりにくい体質をつくってくれます。

<応用> 12/16(金)
今月はおせち料理です
28 12 応用
花びら餅の雑煮 / 大根セルクルお煮しめ / 市松昆布巻き /
かぼちゃれんこん / ごぼうの田作り / 豆腐の紅白かまぼこ風

「花びら餅の雑煮」
は、茶道の初釜で使うお菓子”花びら餅”を白玉粉で作り、すまし汁を張って雑煮としました。
お正月らしい一品です。

「大根セルクルお煮しめ」は、大根をかつらむきしたものを器にし、中に玄米塩麹を使ったお煮しめを入れました。
金時にんじんが手に入ったので、あざやかな朱色のねじり梅ができました。

「市松昆布巻き」は、高野豆腐、金時にんじんを市松に組んで巻き、だしとしょうゆだけで煮含めました。

「かぼちゃれんこん」は、”からしれんこん”をヒントに思いついたお料理です。
れんこんは梅酢で下味をつけています。

「ごぼうの田作り」は、ごぼうを小魚に見立て、くるみとともに田作りに仕上げました。
とても香ばしいです。

「豆腐の紅白かまぼこ風」は豆腐の伊達巻きをアレンジしてみました。
豆腐をベースにした生地で、紅の部分は紫芋を使いました。
蒸して冷ましたものを切り分けると、
「わぁ! かまぼこそっくり!」と歓声が上がりました。

マクロビオティックでこんなに美しい彩りのおせちができたと、生徒さんに喜んでもらえてよかったです。
お正月料理の参考にしていただければ幸いです。
今年も1年お世話になりました。
良いお年をお迎えください

ゆき

なちゅらるクッキング | コメント(1) | トラックバック(0)
なちゅらるクッキング12月メニュー

<基礎> 12月9日(金) 10:00~13:00  1,550円
・玄米細のり巻き
・すまし汁
・黒豆煮

お手当は「黒豆昆布」


<応用> 12月16日(金)  9:30~13:00  2,550円
今月はおせちです。
・豆腐の紅白かまぼこ風
・昆布巻き
・大根セルクルお煮しめ
・ごぼうの田作り
・かぼちゃれんこん
・花びら餅のすまし汁


*材料の仕入れ状況により、メニューが変更になる場合もあります。
*各回とも遅くても3日前(火曜日)までに、出欠連絡・申し込みをして下さい。
 (なるべく早めにお願いします。)
*時間通り始められるよう、開始15分前までにお越し下さい。
*新しいメンバーも募集中です。

ゆき
なちゅらるクッキング | コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。
紅葉の美しい頃となりました

今月の教室での様子をお伝えします。

<基礎> 11月11日(金)
28 11基礎
大豆入り玄米ご飯 / すいとん / 胡麻無双
/ 昆布の佃煮

「大豆入り玄米ご飯」
は、大豆をそのまま玄米と一緒に炊きました。
お米と豆の甘みが感じられる、もっちりしたご飯です。

「すいとん」は、大根、人参、椎茸、板麩の入ったしょうゆ仕立てのお汁です。
板麩を素揚げしてから煮ているので、コクがあります。
地粉(国産小麦粉)で作ったやわらかめの団子がたっぷり入っています。
だしをとった後の昆布は佃煮にしていただきました。

「胡麻無双」は、生ごまを炒り、麦味噌を合わせて仕上げたものです。
作っている時、良い香りが立ち込めます。
ご飯にふりかけのようにかけていただくと、とてもおいしいです。

◆今月のお手当は「大根おろし汁入り玄米スープ」を行ないました。
28 11 手当て

病弱な方や幼児さんの解熱、赤い発疹におすすめです。
幼児さんはりんごジュースを加えると、さらに飲みやすいです。

「第一大根湯」は高熱の解熱に使いますが、からだにやさしい玄米スープを加えることで、無理なく穏やかに作用して熱を下げてくれます。


<応用> 11月18日(金)
今月はクリスマスメニューです28 11応用
紅茶酵母のころころパン /レンズ豆とドライトマトのミネストローネ /
じゃがいもと畑のお肉のドフィノワーズ / れんこんとひじきのバルサミコ酢和え /
豆腐のレアチーズ風ケーキ~ブルーベリーソース


28 11応用ケーキ
切り分ける前のケーキの姿です。

「紅茶酵母のころころパン」は、紅茶で起こした自家製酵母を使いました。
28 11応用紅茶酵母1
蓋を開けると…
28 11応用紅茶酵母2
シュワシュワと勢いよく噴き出します。

28 11応用紅茶元種1
元種を仕込んだところです。

28 11応用紅茶元種2
元気にモコモコしてきたらパンに進みます。

天然酵母パンは、こねてからも発酵に時間がかかり、教室の時間内では難しいので、私がこねたものと途中で入れ替え、無事にパンを焼くことができました。
もっちりとして小麦のうま味の味わえるパンです
紅茶以外でも、ドライフルーツ、生の果物、バジルの葉などいろいろなもので酵母起こしができます。
自分で育てると、とても愛着がわき、酵母ちゃんがとてもかわいく思えてきます。

「レンズ豆とドライトマトのミネストローネ」は、レンズ豆、玉ねぎ、にんじん、にんにく、ドライトマトの入った、クミン風味のスープです。
一口食べたところで「おいしい~塩味だけとは思えない!」
と大好評でした。

「じゃがいもと畑のお肉のドフィノワーズ」は、フランスのドフィネ地方の料理という意味です。
大豆たんぱくを鶏肉に見立てて焼いたものと、じゃがいも、玉ねぎを豆乳で蒸し煮にしたグラタン風のお料理です。
ローズマリーを一緒に煮たので、香り豊かで、また食べ応えのある一品となりました。
「うちの子なら、お肉と思ってくれそうです!」という生徒さんもみえました。

「れんこんとひじきのバルサミコ酢和え」は、れんこん、ほうれん草、ひじきを使いました。
バルサミコ酢のやさしい酸味がよく合います。

「豆腐のレアチーズ風ケーキ~ブルーベリーソース」は、オーブンを使わず手軽に作れるホールケーキです。
台はムソーの全粒粉クラッカーを使ってシンプルにしているので、豆腐チーズクリームの風味が引き立ちます。
豆乳グルト、豆腐をベースに植物性素材だけでレアチーズ風味を作りました。
砂糖を使わないブルーべりジャムを使ったソースを添えました。
穀物コーヒーとともに、「おいしい~」と皆さん笑顔のデザートタイムとなりました。

今月はクリスマスに合いそうなメニューを考えました。
お家でのパーティーにお役に立てていただけたらと思います。

ゆき

なちゅらるクッキング | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。