スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
こんにちは。
紅葉の美しい頃となりました

今月の教室での様子をお伝えします。

<基礎> 11月11日(金)
28 11基礎
大豆入り玄米ご飯 / すいとん / 胡麻無双
/ 昆布の佃煮

「大豆入り玄米ご飯」
は、大豆をそのまま玄米と一緒に炊きました。
お米と豆の甘みが感じられる、もっちりしたご飯です。

「すいとん」は、大根、人参、椎茸、板麩の入ったしょうゆ仕立てのお汁です。
板麩を素揚げしてから煮ているので、コクがあります。
地粉(国産小麦粉)で作ったやわらかめの団子がたっぷり入っています。
だしをとった後の昆布は佃煮にしていただきました。

「胡麻無双」は、生ごまを炒り、麦味噌を合わせて仕上げたものです。
作っている時、良い香りが立ち込めます。
ご飯にふりかけのようにかけていただくと、とてもおいしいです。

◆今月のお手当は「大根おろし汁入り玄米スープ」を行ないました。
28 11 手当て

病弱な方や幼児さんの解熱、赤い発疹におすすめです。
幼児さんはりんごジュースを加えると、さらに飲みやすいです。

「第一大根湯」は高熱の解熱に使いますが、からだにやさしい玄米スープを加えることで、無理なく穏やかに作用して熱を下げてくれます。


<応用> 11月18日(金)
今月はクリスマスメニューです28 11応用
紅茶酵母のころころパン /レンズ豆とドライトマトのミネストローネ /
じゃがいもと畑のお肉のドフィノワーズ / れんこんとひじきのバルサミコ酢和え /
豆腐のレアチーズ風ケーキ~ブルーベリーソース


28 11応用ケーキ
切り分ける前のケーキの姿です。

「紅茶酵母のころころパン」は、紅茶で起こした自家製酵母を使いました。
28 11応用紅茶酵母1
蓋を開けると…
28 11応用紅茶酵母2
シュワシュワと勢いよく噴き出します。

28 11応用紅茶元種1
元種を仕込んだところです。

28 11応用紅茶元種2
元気にモコモコしてきたらパンに進みます。

天然酵母パンは、こねてからも発酵に時間がかかり、教室の時間内では難しいので、私がこねたものと途中で入れ替え、無事にパンを焼くことができました。
もっちりとして小麦のうま味の味わえるパンです
紅茶以外でも、ドライフルーツ、生の果物、バジルの葉などいろいろなもので酵母起こしができます。
自分で育てると、とても愛着がわき、酵母ちゃんがとてもかわいく思えてきます。

「レンズ豆とドライトマトのミネストローネ」は、レンズ豆、玉ねぎ、にんじん、にんにく、ドライトマトの入った、クミン風味のスープです。
一口食べたところで「おいしい~塩味だけとは思えない!」
と大好評でした。

「じゃがいもと畑のお肉のドフィノワーズ」は、フランスのドフィネ地方の料理という意味です。
大豆たんぱくを鶏肉に見立てて焼いたものと、じゃがいも、玉ねぎを豆乳で蒸し煮にしたグラタン風のお料理です。
ローズマリーを一緒に煮たので、香り豊かで、また食べ応えのある一品となりました。
「うちの子なら、お肉と思ってくれそうです!」という生徒さんもみえました。

「れんこんとひじきのバルサミコ酢和え」は、れんこん、ほうれん草、ひじきを使いました。
バルサミコ酢のやさしい酸味がよく合います。

「豆腐のレアチーズ風ケーキ~ブルーベリーソース」は、オーブンを使わず手軽に作れるホールケーキです。
台はムソーの全粒粉クラッカーを使ってシンプルにしているので、豆腐チーズクリームの風味が引き立ちます。
豆乳グルト、豆腐をベースに植物性素材だけでレアチーズ風味を作りました。
砂糖を使わないブルーべりジャムを使ったソースを添えました。
穀物コーヒーとともに、「おいしい~」と皆さん笑顔のデザートタイムとなりました。

今月はクリスマスに合いそうなメニューを考えました。
お家でのパーティーにお役に立てていただけたらと思います。

ゆき

スポンサーサイト
なちゅらるクッキング | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。