スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
こんにちは。

先日、久しぶりに予約制のマクロビオティックランチを行うことができました。
その様子をお知らせします。

24.9 ごまどうふ 24.9 スープ
定番の前菜:「ごまどうふ」         スープ:「ひよこ豆のミネストローネ」

24.9 メイン
メイン:「もちあわとじゃがいものコロッケ」 / 「昆布のぺペロンチーノ」

24.9 ごはん 24.9 ケーキ
ごはん:「紫米入り玄米ごはん」      デザート:「紅茶のケーキ」        「三年番茶」付き

1,680円 (+200円で無農薬きりかぶブレンドコーヒー付き)

「ごまどうふ」は、私が大好きなので定番にしているのですが、毎回好評をいただいています。 
本葛と練りごま、水だけで作るシンプルなレシピで、20人分をお鍋で火にかけて練り上げるのは結構な力仕事です。
BHウォーターがごまの香りを引き出しています。
椎茸だしで割ったしょうゆとわさびを添えます。

「ひよこ豆のミネストローネ」は水と塩のみのスープです。玉ねぎ、にんにく、セロリ、にんじん、ひよこ豆、クミンシードを使い、野菜のだしが活きたおいしいスープになりました。
セロリの葉を散らしました。
「体がきれいになりそうなスープですね塩だけとは思えない。」という声をいただきました。
料理教室で他の豆で作ったときも、生徒さんに好評でした。

「もちあわとじゃがいものコロッケ」は、炊いたもちあわとゆでたじゃがいもを合わせ、玉ねぎ、セロリの葉、白味噌、豆乳を混ぜました。じゃがいものホクホクさとクリーミィさが合わさって、なかなかのできばえでした。
じゃがいもは、お店のポテトサラダに使用しているじゃがいも(今は黄爵)です。
生地がやわらかく扱いにくいのですが、担当のゆかさん・あきこさんは上手に成形してくれました。
パン粉は腸に優しい天然酵母パン粉です。これは、カリカリして香ばしいのですが、キメが荒く、歯の悪い方だと噛みにくいようなので、細かく挽いて使うようにしています。
野菜のたっぷり入った「豆乳タルタルソース」を添えました。
「このタルタルが好き」と言って下さる常連さんもみえて、うれしいです。
揚げ物の消化を助ける生野菜を添えています。パプリカ入りの梅酢ドレッシングをかけて。
このドレッシングがよかったと言われた方がありましたが、梅酢とオリーブオイルを同量混ぜるだけなので、ぜひお試し下さい。

「昆布のぺぺロンチーノ」は、昆布をパスタに見立てたもので、にんにくと唐辛子を使っています。
以前ランチで好評だったので、再登場です。「昆布がモリモリ食べられる!」と店長のかえさんもお気に入りです。

「紫米入り玄米ごはん」は、圧力鍋で炊いているので、女性好みのもっちりした炊き上がりです。紫米(黒米)はアントシアン豊富で血液をきれいにしてくれます。発酵食品である梅干しと大根のぬか漬けを添えて、消化を助けます。
「こんなにおいしい玄米ごはんを初めて食べたこんなにおいしいなんて、玄米のはずがない、本当は玄米じゃないんですよね?」
と言われた方があったので、そんなに上手く炊けていたなんてうれしいです。
ごはんが“炊ける”ことと“上手く炊ける”ことは違うと習ったことがあります。
私はこの玄米ごはんを毎日当たり前のように食べていたのですが、そのように言っていただけて、改めて、おいしい玄米ごはんを毎日食べていたのだなととても幸せに思いました。

「紅茶のケーキ」は香り高い無農薬アールグレイの茶葉を使用しています。
粉砂糖に見立てた、リブレフラワー(焙煎した玄米の粉)をふりました。
季節の果物、ぶどうを添えています。

使用食材・調味料は店内で販売しています。
ランチのお客様は、当日の自然食品のお買い物が10%offという特典がありますので、ぜひおうちでもお試し下さい。

                                                 ゆき
スポンサーサイト
マクロビオティックランチ | コメント(0) | トラックバック(2)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
こんにちは。先日、久しぶりに予約制のマクロビオティックランチを行うことができました。その様子をお知
こんにちは。先日、久しぶりに予約制のマクロビオティックランチを行うことができました。その様子をお知

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。